別居から離婚へ

やり直しの難しさなど

別居の原因にありがちなこと

投稿日 2014年7月14日 10:01 PM | 投稿者 あつこ

夫婦が別居する要因は色々あります。
その代表的なものが性格の不一致や配偶者の浮気問題などです。
これらの原因は別居だけでなく、離婚の際にも当てはまるでしょう。
別居し、ある程度時間が経てば復縁するのでしたら良いのですが、その後離婚を考えているなら浮気の客観的証拠は必要となります。
特に慰謝料の請求時には浮気の決定的な証拠や証明が必要となるでしょう。
不貞相手や配偶者が浮気を認めているなら、証拠は必要ありません。
そのまま裁判する事もなく、慰謝料の金額を決定し、支払いしてもらう示談となるでしょう。
ただし、浮気を認めない場合には慰謝料請求を求めて裁判になり、裁判の際に浮気の証拠が必要となります。
ですから、別居前にその後どうするのかを予め想定しながら、動く事が重要になります。
浮気の証拠があれば、配偶者と離婚する事も出来ますし、配偶者と不貞相手から慰謝料を請求する事が出来ます。
慰謝料の相場は婚姻期間や浮気が元で離婚した場合などによって金額が違ってきます。
婚姻関係が破綻後に浮気していたと立証されると慰謝料は取れない事もあります。
大体100万円~300万円が相場と言われています。
慰謝料を請求する場合は探偵社や興信所に依頼して、証拠を掴みましょう。

 

コメントを受け付けておりません。