別居から離婚へ

やり直しの難しさなど

別居の危険性について!

投稿日 2014年7月14日 10:01 PM | 投稿者 あつこ

結婚生活を送っていれば幸せなことばかりというわけにはいきません。意見が食い違うことも出てきますし、義理の両親のことや親戚付き合いのことなど、独身時代であれば関係のなかった話題で揉めることも少なくありません。あまりにも度が過ぎると勢いで別居という選択をしてしまう人も少なからずいます。心の底から離婚したいと思って離れて暮らすのなら構いませんが、時間や距離を置いておけばまたやり直せるかもしれないと考えているのであれば、冷却期間として離れて暮らすという考えは避けたほうが無難です。基本的に夫婦には特別な理由や事情がない限り同居義務がありますし、一度住居を離すと物理的な距離が生じ、心の距離も大きく離れてしまう傾向にあるからです。そうなると前のように仲良く暮らすためにはどうしたらいいかなどと考えることが少なくなり、ひとりのストレスのない暮らしになれていき、復縁が難しくなります。まだ少しでも希望があるのなら、仮面夫婦でも構わないので一緒に寝起きし、少しでもいいから挨拶や言葉を交わし、なるべく日常に近い生活を送りましょう。確かに冷静にゆっくりと考える時間は必要ですが、住居を分かつのは最終手段と考えておきましょう。

コメントを受け付けておりません。